大事な資源を守るBEMSという存在|日本の未来を左右する

男の人

エネルギーマネジメント

作業員

エネルギー効率

日本はエネルギー大国です。しかしエネルギーのもととなる資源は限られているものであり、将来的になくなることも想定して次のエネルギーを開発することが大事になってきます。今現存するエネルギーを管理することも大事になります。BEMSはエネルギーマネジメントを行う事であり、限りあるエネルギーをより効率的に使用することを管理することです。エネルギーは資源から100パーセントその役割を果たせてはいません。無駄になり捨てているものも非常に多いのです。これを一つ一つ見直すことでエネルギー効率を少しでも高めることで資源の有効活用に結びつけることが求められているのです。BEMSを取り入れることはコスト削減などにもつながるのです。

環境保全にも役立つ

BEMSは計測から開始します。エネルギーの消費実態を把握することでどの程度の無駄を発生させているのかを把握することが大事なのです。次に行う事が現状把握や一時分析です。エネルギーの無駄を数値化するとともに、設備機器や運転効率による無駄を把握することも大事です。ここがBEMSの役割となります。マクロ分析を行う事で、次に行うべきアクションが明確になるのです。更に詳細の分析を行います。個別の機械や用途別の調査を実施します。設備の見直しや制御パラメータを見直すことが必要になるのです。そして最後に要因の分析と問題解決を行います。運用条件などを見直すことで格段にエネルギー効率を見直すことができるのです。BEMSの活用は環境保全にも役立ちます。

油のみを取り出す方法

システム

工場では多くの油を使用する。使用後は捨てられる。油は水などの液体に混ざっていることがほとんどである。だからといって一緒に混ぜて捨てることはよろしくない行為である。そこで液体の中から油を取り出すという難しい作業をしなければならない。オイルスキマーはそれを可能にした画期的な機会である。

詳細を読む

日本の得意分野

工場

日本の技術者が得意としている精密機械加工は、道具や加工などを駆使して精密な機械を数ミクロン単位で形成するものです。年々需要が高まっている事もあり、日本の技術は世界に求められている現状なのです。今後の成長にも期待できるのです。

詳細を読む

完成品から仕様書作る

作業員

リバースエンジニアリングとは既成のモノから仕様書を起こす技術です。何らかの理由で仕様書が無い場合に利用されます。リバースエンジニアリングを行うことで、同じようなモノを作る際に0から作る工数が削減できます。

詳細を読む