油のみを取り出す方法|大事な資源を守るBEMSという存在|日本の未来を左右する

大事な資源を守るBEMSという存在|日本の未来を左右する

レディ

油のみを取り出す方法

システム

油と水を分けるということ

自動車工場や食品工場をはじめ、多くの工場では様々な油を大量に使用している。そして、使用後は排出される。油が単独で排出される分にはいいが、たいていの場合は水などの液体と混ざっている。油のみを回収しようとするには「オイルスキマー」を利用するのが良い。油を使う工場では、オイルスキマーは生活必需品といっても過言ではない。それだけ需要のある機械なのだから多くのメーカーが製造し、その種類も豊富にある。一方、オイルもその使用状況に応じて様々な状態で液体の中に存在している。乳化しているものもあれば、液体の中で浮いているものもある。オイルスキマーは、その工場で使用しているオイルの状況に応じて必要なものを選択しなければ効果を発揮しないのだ。

工場で必需品な理由

前述したように、オイルスキマーはオイルを使う工場では欠かせないものである。オイルを使用した後は機械から排出され、捨てられてしまう。油は水などの液体と混ざって排出される。一般的に、液体の中からオイルだけを取り出すというのは不可能であろう。オイルスキマーはそれを可能にしたのだ。一般的にオイルスキマーには「スチールベルト」と呼ばれる金属のベルトが取り付けられている。油は金属に付着しやすいという特徴を持っている。液体にオイルスキマーをつけて、スチールベルトを引き上げると油が回収できるという仕組みになっているのだ。工場において、油を水と一緒に混ぜて捨てるということは環境面においても悪いことである。油を分別廃棄する必要があるからこそ、このオイルスキマーは需要が多いのである。