日本の得意分野|大事な資源を守るBEMSという存在|日本の未来を左右する

大事な資源を守るBEMSという存在|日本の未来を左右する

レディ

日本の得意分野

工場

数ミクロン単位の差

製造過程において部品を作成する方法は二つあります。一つは型を作成して量産する方法ともう一つは、工具や器官を使用して部品を作成する方法です。前者の作成方法は、量産する事には長けていますが、精度が低くなる欠点があります。後者は量産することはできませんが、ミクロ単位での細かい精度を要求することができます。精密機械加工は後者の加工を指しています。日本の会社はこの精密機械加工に素晴らしく長けています。数ミクロン単位の加工が可能になることと、どのサイズが最も適正なのかを繰り返し研究する事ができるのが特徴になっています。個々には、刃物や機械の調整はもちろんのこと、研磨や切削などの加工技術が備わっているからこそ実現できるのです。

世界に通用する技術

細かい作業の多くは日本の技術が使われていることが多くなっています。これは繊細な技術者が多く存在することと、このような精密機械加工を得意としている技術者が多いことなのです。大企業よりもその作業を中心に行っている中小企業のほうが作業に長けているのも特徴になっています。精密機械加工の需要は年々高まっています。機械部品は小型化且つ高度な技術が要求されつつあります。そのため、日本の精密機械加工の技術が積極的に取り入れられているのです。自動車や航空機、カメラなどの精密機械は今後の経済を支える製品でもあるため、さらに日本ではこの技術を高めていくことが必要になってきます。IT技術の陰で活躍する技術でもあるのです。